• レビトラのジェネリックで人気のジェビトラ40

レビトラのジェネリックのジェビトラ40


持続時間は12時間!空腹時に服用なら効きめ長持ち

レビトラの作用時間は一般的に5時間~10時間といわれています。
バイアグラや他のED治療薬に比べてレビトラの作用時間は長めですが、ジェビトラ錠剤に含まれる主成分バルデナフィルの量によって作用が持続する時間は変わります。
20mg錠と40mg錠で作用時間はどのくらい違う?

通販で手に入れることができるレビトラのジェネリックのジェビトラには20mg錠と40mg錠と60mg錠があります。
20mg、40mg、60mgという数字は、ジェビトラに含まれる主成分バルデナフィルの量をあらわしています。

20mg、40mg、60mgの作用自体に強度があり、むろん60mgの方がより薬の効果が強く、効果が続く作用時間も違います。

10mg錠の作用時間 5~6時間
20mg錠の作用時間 8~10時間
40mg錠の作用時間 10~12時間
60mg錠の作用時間 14~16時間

ジェビトラ(レビトラ)の錠剤に含まれる主成分バルデナフィルの量に比例して、20mg錠よりも40mg錠のほうが3~4時間ほど作用時間は長くなります。

これだけ見みると60mgの方が作用時間が長く、お得だと感じますが、作用時間が長ければ良いというものでもありません。

20mg錠と比べて、40mg錠は作用時間が長いだけでなく、薬の作用そのものも強くあらわれます。勃起効果だけでなく、ほてりなどの副作用も強くなる場合がありますので、この点は十分に理解して服用しなければなりません。

レビトラのジェネリックのジェビトラをはじめて使用する場合
最初は20mgから試してみるのが良いかもしれません。
上記で述べた通り、40mg、60mgの方が薬の効果が少し強くなっています。もし、レビトラ20mgでも十分に効果が得られる人が、40mgを飲んで効きすぎてしまった場合、顔のほてりや頭痛、動機、鼻づまりなどの症状が出てしまう可能性があります。

ジェビトラをはじめて飲む場合や、副作用が心配な方は、まず20mgを試してみて、効きめがイマイチだったときに60mgを半分に割って30mg服用するのが良い方法かと思います。もしくは、40mg錠をピルカッターで半分にカットして使用すると、20mg錠と同様の効果が得られますのでお得です。
費用的にもお得になりますし、もしも半分で効果がなかった場合にはカットせずに40mg錠のまま1錠を飲めば良いので、ジェビトラ(レビトラ)をはじめて試す際にはこちらの方法が良いかもしれません。
ジェビトラ(レビトラ)を服用する際、空腹時と満腹時では作用時間と効力に差がある

レビトラの特徴として、食事の影響を受けにくいという点が挙げられますが、空腹時と満腹時では作用時間と効力に差があるといわれています。
胃の中を空っぽにした状態で服用すると、薬の成分がより吸収されやすくなり、ジェビトラ(レビトラ)の効果があらわれるまでの時間が早く、作用が持続する時間が長くなります。

早く効いて、長く効果を持続させたい場合は「空腹時に服用することが望ましい」といえるでしょう。


ジェビトラはこちらから通販できます。>>>


レビトラのジェネリックで人気のジェビトラ40

タッグ ジェビトラ, レビトラジェネリック